fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

大きな世の中の流れを知っておく

大きな世の中の流れを知っておく

大きな世の中の流れについて。
最近の傾向を見て、気がついた
ところをまとめます。


大きくは、次の3点。

1)情報格差の消滅
2)透明性
3)個人のグローバル化

の流れがあげられます。

1)情報格差の消滅について。

売り手、買い手の情報格差が
ネットの普及で消滅しました。

また、誰でも無料でメディアを
持つことができるようになり
ました。自分の意見をいつでも
発信できるようになったのです。

発信と受信という自由をすべての
人が手に入れ、格差が一瞬で消滅
していったのです。

2)透明性について。

ごまかしが出来なくなりました。
情報統制が不可能なので、都合
のわるい内容を隠蔽できません
隠蔽体質の企業の弱体化が目に
つきます。

ネットの発言も実名主義に変化
してきています。

情報の肥大化によりデマも多く
なったので、何が正しいのか、
わかりにくくなりました。

手がかりは信用性。だからこそ、
実名主義に移りつつあるわけです。
信用ある人物であると証明する
身分証明がネットの中に移動し、
既存の身分証明は役に立たなく
なるでしょう。


だからこそ人からの評価も一目瞭然になります。
人物評価も透明化され、有能な人は
必ず見出されます
どんな場所にいても、大丈夫。
有能な会社も必ず、その能力を
認められ、知れ渡るのが現代の
特徴です。

3)個人のグローバル化について。

個人の生活範囲が劇的に広がります。
移動距離も増え、消費活動の範囲、
購買における検討範囲も世界中まで
含むようになります。
現在なりつつあります。

将来、航空会社の保有する航空機の数は
2倍になり、運賃が下がり、
ドライブに行く感覚で人が移動します。

企業にとっては、競争相手が増え
経営視点を強制的に拡大させられます。

海外に今すぐ行く必要は、ないかも
しれませんが、海外の情報と海外の
視点を養うことは必須項目

このように、日々のニュースを
見ながら将来を予測。
そして、いかにして将来に投資
できるのかに企業経営は、
かかっています。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/