fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

25ドルパソコンのねらい

100ドルパソコンが一時期話題に

なりました。(途上国にパソコンを普及させる取組)

 

今度は、25ドルパソコン。

親指サイズ。

基盤とコネクタのみですね。

手で持ったところを見ると本当に小さい。

スペックを見ますと

700 MHz ARM11 processor,

128 MB of RAM

OpenGL graphics with enough power to display 1080p video.

とネットをするには十分。

 

100ドルパソコンは、世の中のPC価格の

急落にともない価値が半減しています。

最近のネットPCは2万円台。

タッチパッドだと1万円台から普及しはじめました。

また、途上国では携帯電話の普及が爆発。

パソコンより先に携帯が普及し、生活を

変化させているのです。

 

ここにきて25ドルパソコンの発想は

価格的価値を考えています。

ディスプレイもキーボードもありませんが

パソコン機能だけに絞った設計思想です。

この価格ならインパクトがあります。

 

パソコンの業界は、3ヶ月経つと旧式

と言われる速さで動いています。

当初のコンセプトが有効に機能するのも

3ヶ月から6ヶ月しかありません。

半年後には、また新製品が世の中を

圧倒しているかもしれませんね。

【出典】

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/