fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

うまくいかなかった最初の商品 (13 First-To-Market Products That Failed)

↓ 1898年の写真。

実は、ハイブリットカー

100年以上前に存在していたのですね。

余談ですが車の歴史を見ると、エンジンより先に

電気自動車が発明されています。

エンジンの方が後なのです。

 

↓ 1993年に富士通が出した32ビットゲーム機。

当時、高性能なグラフィックを実現。

しかし、ゲームソフトの制作にコストがかかり

ゲーム種類が増えず頓挫。

富士通もゲームを出していたのは知りませんでした。

 

↓ アップルが1993年に出した電子手帳(PDA)。

大きすぎて高価すぎると不評。

1998年には消えてしまった。

しかし、現在のiPhoneにしっかり受け継がれて

いるものがあります。

 

他にも、10個の商品が取り上げられて

います。

 

ひとつひとつの商品が失敗だったのか、

というより、市場にはじめて出てきた

商品というのは、なかなか浸透しない

ものです。


商品の歴史という【文脈】が形成されて

はじめて、その商品が売れることに

なるわけです。

こうやって、うまくいかなかった商品を

たどるだけでも貴重な情報となるのです。

 

【出典】

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【経営に関するご相談は、こちらから↓】

 

 

 


藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/