fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

リーダーは自分の意思でなる

 

リーダーになるには

「まわりの人の承認」

が必要です。

 

では、リーダーになるときは

「まわりから、すすめられてリーダーになる」

のか

「自分から意思表示してリーダーになる」

のか。

自薦なのか他薦なのか?

 

会社では、昇進によって役職がつきます。

だから、自分の意思ではリーダーにはなることが不可能。

しかし、

昇進の前にリーダーとして評価が下されています。

リーダーの資質を見られているわけです。

統率力

コーディネート力

など様々な資質です。

 

会社によっては、この資質の優先順位がちがいます。

中には、

【自ら名乗りでる】

ことに評価を与えている会社もあります。

 

その時は、リーダーは

「自分から立候補すること」

が正しいわけですね。

 

昇進にこだわりすぎると、積極性のない人になり

いつまでも認められない形になってしまいます。

 

失敗をいとわない社風であれば、積極的に

立候補

することも大事。

 

それこそ、やってみないとわかりませんから

チャレンジが必要ですね。

 

【意志】という言葉があります。

この言葉の意味の中には、

「自発的な思考」

という意味が含まれています。

 

「目標に対して自発的な思考をする」

とあるわけです。

となると、自発的でなければ意志がない

ということにも解釈できますね。

 

こうした理解から「自発的」を再度

とらえなおしてもらいたいと思っています。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。