経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

社長は個人面談をすべきか

社長の仕事として

1)全体会議

2)個人面談

の2つは、避けることができません。

全体の会議は行っているのは

当然として、個人面談を

どうするのか、相談を受ける

ことがあります。

これは、半年に1度の

サイクルで行ってほしいと

伝えています。

社員数が多い場合は、

年に1度の機会になるときも

あります。

ただ、1年間に1度も行わない

状況を作ることは危険です。

会社に対する意見を直接言える

場がない会社が社員の自発的な

成長発展を期待することはできません。

経営者が個人面談をする会社ほど

モチベーションが高いという結果

報告も出ています。