スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジfrom2011

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジfrom2011

fast-fj-judge fast-judge885

bundle

同じバンドル戦略でも結果がちがう理由とは

バンドル戦略は「売れる製品+売れない製品」を組み合わせて販売するケースもあり、批判の対象となることもあります。イメージはあまり良くありません。不必要な製品まで一緒に買わされるイメージがあるからです。ただ、他の側面もあるので、特徴を考えてみると・・・
bank

日銀が国債買い入れ減額方針を発表

日銀が量的引き締めに舵を切ったからといって、即座に大きな変化が起こるわけではありません。日銀は慎重にバランスを取りながら、徐々に政策を調整していく方針だと感じています。スローペースで安全運転をするつもりです。それが市場のコントロールだと考えているのでしょう。
trip-one

「不」がつく感情を発したときにビジネスチャンスがスタートするもの

旅行に関しては ・トラベルはトラブル と考えて、何かしらトラブル発生があり、トラブルを楽しむ余裕がほしいです。ビジネスチャンスとしては、こうしたトラブルを解決する、補償するビジネスは成立すると思います。クレームが掲載されていたら、即ビジネスアイデアを出すようにしていきたいです
to-do-list

to doリストから消えない項目

重要だが緊急ではないタスクは、to doリストに残り続けがち。業績好調時の原価計算や情報発信などが典型例。重要なタスクの先延ばしは、最終的に慌てて取り組むことにつながる。この問題を解決するには、タスクの優先順位付け、スケジュール管理、定期的な見直しが有効。重要なタスクに計画的に取り組むことが、長期的な成功の鍵となるはずです
creator

データ蓄積できれば将来性が高まる

頭の中の考えやアイデアを文字にすると将来は分身(ロボット)ができることは予想していました。そのためにこの情報マガジンなどを書いてきたのです。この情報マガジン以外にも大量にアウトプットしており、文字数だけでも数百万文字になるでしょう。このような蓄積されたデータは企業の財産となります。隠れた資産といえます。
ヒューリスティック

問題解決へのアプローチの違い

仮説とヒューリスティックは問題解決へのアプローチとして異なる特徴を持つ。仮説は現象の説明や予測を目的とし、論理的推論と検証を重視する。一方、ヒューリスティックは短時間で正解に近いところを探る問題解決手法である。両者は目的、アプローチ、検証方法、適用範囲が異なる。問題解決には、状況に応じて適切なアプローチを選択し、柔軟に組み合わせることになるだろう。