経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

「製造業」の記事一覧

製造業

製造業におけるビジネスモデル転換事例

製品をつくるとき欠かせないのがネジ。 部品と部品を締結するために欠かせない。 このネジの分野は製品1個1個が小さく、また使用されるネジの量も多すぎるため管理に手間がかかります。 決算前の棚卸しではネジ1個まで数えると仕事が止まり工数もかかることさえあります。 こうした課題を解決する企業があります。 ビジネスモデルを転換させた企業として事例にあげられる企業のひとつです。
港

100年前の時代から経営は学ぶことがあるのか

新聞記事で公開されましたが製造業の業績悪化が 明らかになりました。 予想はされていましたが半数以上が純利益が前年同期比で減少。 (上場会社151社の4月〜6月期の業績調査) 下がっています。 今後も下がり続けると予想されています。 日本では製造業の割合が大きいので影響はあります。 心理的ダメージも与えてしまう可能性があります。 今回は製造業について見ていきたいと思います。
製造

日本には最先端の工場がないのか

日本に工場を戻すメーカーが 話題になっています。   2015年以降、新設された工場と 今後新設される工場建設計画を 合計すると300以上になると 言われています。   こうした国内回帰の傾向には 理由がいくつかあります。   ・海外の人件費高騰(特に中国) ・為替(円安傾向) ・インバウンド需要増加 ・ 研究開発強化(マザー工場投資) などが国内回帰要因とされているのです。   今後、こうした流れが
溢れる

過剰生産と廃棄問題

過剰生産と廃棄問題 過剰生産とは廃棄を前提に製造することです。 どの業界にも過剰生産は少なからず発生して おり、最近ではメディアに取り上げられる 場面も出てきました。 廃棄が問題になる業界ではその姿勢が問われ 始めているのです。 コンビニ業界では たとえばコンビニエンスストア業界。 お弁当などの惣菜やパンの賞味期限問題が 取り上げられることが多い業界のひとつです。
研究 開発

製造工程より商品開発

製造業には種類がある そういえば、先日メーカー(製造業)の 経営者と話しをしていた内容を思い出しました。 製造業には大きく2つの種類があります。 ・下請け業 ・自社開発 に大きく分かれます。 下請け業の場合、商品を開発することもなく 販売も自社では行いません。 請けた商品を作り上げることが仕事に なっています。 その一方で自社開発するメーカーは