fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

フェイルセーフ(fail safe)とは

フェイルセーフ(fail safe)

とは、

なんらかの装置・システムにおいて、

誤操作・誤動作による障害が発生した場合、

常に安全側に制御すること。

またはそうなるような設計手法で信頼性設計

のひとつです。

たとえば、ファンヒーターが倒れたら自動で

切れるようになっていることをフェイルセーフと

いいます。


飛行機がジェットエンジンを複数積んでいるのも

そのためです。

1機のエンジンが停止しても飛び続けられるように

設計されているのです。

さらに、燃料切れのときに、電源を確保するために

プロペラを回し発電することもあるのです。

操縦系統や油圧の操作には電源が必要なので

このタービンを非常時には外にだして電力を

発生させるのです。

隠れコマンドのようですね。

このおかげで実際に墜落をまぬがれた事例が

あるそうです。

2階建て旅客機エアバスA380には、

プロペラ径 1.63 メートルという大型のものが

装着されているそうです。

このように、非常時対策を設計段階から

確保しておくことは、ビジネスの組み立てと

同じです。

同時に伏線を張っておく。

見習うべき内容ですね。

【参考】

ウィキペディア:フェイルセーフ http://goo.gl/Ht98f

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/