経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

10年やれば誰でも、ものになる

「10年やれば誰でも、ものになる」

これは、知人からの言葉。

年に1〜2回しか会わない知人がいます。

もう10年ほどの付き合いになるでしょうか。

お互いの仕事のスタンスを確認しつつ

将来の話しをしています。

冒頭の「10年やれば・・・・」という言葉は、

10年間を振り返った時に、ひとつの

ことを筋を立てて取組んでいる人と、

そうでない人の差を決定的だったからです。

やはり、人は

「信念を持って、やり続けている人」

を信用します。

これは、能力の問題ではありません。

能力が高い、低いではないのです。

ひとつのことを続けられるのか、

が問題であって、それができれば

10年で実績を上げられる人になり、

世の中に貢献できる人になる、

ということです。

10年間、まわりの知人を

振り返るとよくわかったことがあります。

1)ひとつのことを地道に続けた人

2)いい話しがあるとのっかりたいと思い

転々とする人

どちらが良い悪いではありません。

その人の考え方であり、特性です。

ただ、信用がある人のところに

人が集まり

情報が集まり

仕事が集まる

わけです。

やはり、これが原則なんですね。