fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ひとつの商品が業界を融合してしまうこと

 

世の中には業界が分かれています。

それが、時間とともに融合したり、

境界線がなくなったりします。

 

たとえば、

オートバイと自転車業界が

【電動アシスト自転車】

という商品によって融合してしまいそうです。

 

というのも、現在はオートバイが売れない。

その一方で、電動アシスト自転車は販売台数が

伸びています。

 

販売台数でオートバイを抜いています。

2010年の二輪車販売台数は38万台。

一方の電動アシスト自転車が40万台を

越えています。

 

そのため、オートバイメーカーは、二輪車から

電動アシスト自転車へとシフトしているわけです。

 

代表的なところが、ヤマハ、スズキ。

 

古巣の自転車業界はどうなっているかといえば、

自転車の販売台数は減少傾向にあります。

自転車保有台数が全国で7000万台ですが

国内の出荷数量は1990年の800万台をピークに

現在は400万台前半まで下がっているのです。

 

そのため、電動アシスト自転車へは期待も大きい。

メーカーでは、パナソニック、ブリジストンサイクル、宮田工業など。

 

売れる商品が業界の境界線を消滅させているわけです。

今後、他の業界でもこのような流れは発生します。

経営の優先順位としても新規参入に注意しなければ

ならない時代だということですね。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。