経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

人の採用に費やす社長の時間

最近の注目は経営者自身が採用に対して

どの程度、時間を投資しているか、ということです。

DeNA南場智子氏の事例。

「人集めにどれだけの時間を使ったか。

昔はだいたい、週に10時間は普通に使っていました」

人の心が揺れるタイミングは、人生の状況に応じて

転職の気持ちが起こることがあります。5年のスパン

追いかける覚悟で、【この人は絶対に仲間に入れたい】

と思ったら数年かけてじっくり追いかける」

「【この人欲しいなあ】と思って内定を出した人が

来なくて他の会社に行ったケースでも、心に残っている

学生は就職した後も、四半期に1回とか、半年に1回の

ペースで『飲みに行こうよ』と誘っています。」

このように、

・週に10時間

・5年のスパンで

といったキーワードが事例の基準となります。

そこから今の自分たちの取り組みを比較するのも

ひとつの方法ですね。