fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

JAXAのD-NETシステムが使われたのでは

常総市の洪水災害でヘリコプターによる

救助が記憶に残ります。

今回の救助活動で

JAXAのD-NETシステム

が活躍したと言われています。(未確認)

これは、救助要請を受けたヘリがダブらない

ようにする仕組み。

救助が終わっている現場に他のヘリが

行かないようにするためのもの。

救助の時は、消防ヘリ、自衛隊ヘリなど組織を

横断して活動するため、ダブリが発生してしまうのです。

東日本大震災の時に明らかになった課題でした。

その課題を解決するために、2年前JAXAで開発したのが

JAXAのD-NETシステムというわけです。

次、いつこのシステムを使うか分からない中、

このような開発されたことは評価されるでしょう。

今回は

約40台のヘリコプターが2日間で

約1500人を 救助。

このシステムの活用有無を問わず

素晴らしい活躍です。