スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

早期退職・転職支援の対象は45歳からの現実

「バブル入社組、どいてくれませんか?」

強烈な見出しの記事が出ています。

30代の社員から見たらバブル入社組は

ジャマな存在になっている現実があります。

しかも、バブル入社組の人数が多いので

そう感じるのでしょう。

提案、企画を上にあげても阻止してくる

存在として認識されている、ということですね。

また、この求人が多い時期に早期退職や

転職支援を進めている企業もあると別の

記事も出ています。

対象は45歳からになっているそうです。

バブル入社組の人数割合を減らし、人件費を

抑えるための取組みでしょう。

大企業にいても生き残るのは簡単ではありません。

仕事は、あくまでも会社との契約であって

結果がすべてになるのです。

この原則はどこにいっても変わらない、ということです。