fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

将来像がここにある

 
看板が4つ掲げてあるトヨタのディーラー。
http://hidaka-toyota.co.jp/shop1.html
北海道日高にあるトヨタディーラーは
系列4つの販売店がひとつになっています。
要するにトヨタの車をすべて扱っている
ディーラーということになります。
人口が少ないエリアはこのようになって
いくという将来像でもあります。
ひとつの現象かもしれませんが、これが
20年後をあらわしているかもしれません。
販売エリアの新ひだか町の人口は2万3千人。
この規模の他のエリアも統廃合がはじまる
かもしれない、ということです。
最近は金融業界で統廃合の話しが進んでいます。
大きくなりすぎた業界ほど統廃合へと
突き進んでいきます。
今は、こうした流れを小さなところから
敏感に感じることが不可欠であり
優先されるべき反応です。
この自動車販売店の統合も小さな現象では
ありますが、大きな変革の一歩だと
感じます。
【出典】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24394440X01C17A2940M00/
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。