fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

キャッシュアウトサービスで銀行ATM減少か

【fjコンサルタンツ365日Blog:3447投稿目】

キャッシュアウト

スーパーなどのレジで現金を引き出す

「キャッシュアウト」

のサービスが広がりつつあります。

米国では一般に普及しているサービスですが

今まで日本では存在しませんでした。

買い物した代金を銀行口座から引き落とす

デビットカードの関連サービスにあたります。

ようやく去年、法改正があり、2018年4月から

実現可能になりました。

キャッシュアウトの仕組み

仕組みは

・レジでキャッシュカードを渡す

・利用金額と暗証番号を顧客が入力

・お金を受け取る

という流れです。

普及する原動力は

・ATM操作

にあります。

ATM操作は慣れていない高齢者に

とっては不便。

レジなどでは対面なので安心感が

あるのです。

今後は

今後は、

スーパー

ドラッグストア

ホームセンター

などで普及させていくようです。

銀行ATMはコストの塊ですから

こうしたキャッシュアウトサービスが

広がれば、銀行側はATMの数を減らして

いくかもしれません。

すでにコンビニATMが増えたので銀行の

ATMを利用する回数は私も激減しています。

今後は、さらに減少していくことでしょう。

益々、銀行の存在価値が問われそうです。

金融機関からの人材流出は私でも目にします。

転職市場に流れているのを感じます。

しかも若い世代(20代、30代)が転職して

いるのを見て業界の将来性が乏しいことを

実感します。

こんなことは2年前にはほとんど目にしませんでした。

今年に入ってから人材流出の情報を一次情報と

して聞くようになったのです。

一気に決壊する様相を見せています。

流れは一気に変るということです。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31243930R00C18A6PPE000/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/