fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

買いました獺祭 島耕作

【fjコンサルタンツ365日Blog:3511投稿目】

以前に獺祭の経営者本を読んでいました。

3代目経営者として

苦難の路を歩まれ、右往左往しながらも

今の経営にたどり着いたプロセスは

参考になる内容です。

 

テーマパークをつくり数億円の赤字を

出したり、お酒も2級酒を大量に製造販売

するのを試みたりと今の形に収まるまでに

試行錯誤したことが赤裸々に書かれており

経営の真髄を見る思いです。

 

結局のところ少量の良品(純米大吟醸)に

絞って開発製造したことで安定の経営へと

定着しています。

 

豪雨で

そんな山口県の旭酒造が今回の西日本豪雨で

被災。停電してしまったため設備が停止。

発酵中の停電のため品質基準に届かない

お酒になってしまったのです。

 

獺祭島耕作

その分を「獺祭 島耕作」として発売。

通常の獺祭としての品質基準には達して

いないが、十分美味しいお酒なので

ポジティブな形として提供することを

決定されたのです。

 

また、

販売価格のうち200円は義援金として

寄付をするプランになっています。

 

獺祭島耕作02

企業経営は地元の雇用を生み、社会貢献

している側面があります。

 

存在価値のある企業は存続することが

望ましいと考えています。

 

できることは限られますが応援できる

ところから行動していきたいと思います。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/