fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

トライ&エラーからトライ&ラーンへ

トライ&エラーとは

日本ではトライ&エラーを試行錯誤という意味で使われています。

正式には

・トライアル & エラー

なのですが、通常はトライ&エラーの方が常用とされている状況です。

意味としては試行錯誤なのですが、

・試す

・失敗する

を繰り返すこと、あきらめずに取り組むことという意味で使っていることが普通です。

失敗しながらゴールたどり着くこと、もしくは完成形へと近づけていくことになります。

仕事

もとは試行錯誤学習

もともとは学習法のひとつで

・試行錯誤学習

と呼ばれている内容です。

試行しながら取り組めば正解へ達する時間が短くなることが語源にあたります。

トライ&ラーンへ

現在はトライ&エラーではなく

・トライ&ラーン

だと言われています。

・試行→分析→修正→再試行

というサイクルで行わることです。

試行してダメだった、で終わらずそこからわかること、学ぶことができることを見つけます。

その上で、修正をかけていくわけです。

たとえば、商品を販売したら

・予想より売れなかった

時にわかることを探ることです。

他社より価格が高かったので売れなかったのか

商品に魅力が不足していたのか

といったことを分析します。

分析後に修正をかけて再度販売してみることなのです。

売れなかったから、この商品は販売しない、取り扱わない、と決めつけないで、次の仮説を立てて試行してみることです。

経営に求められる資質の一つ

経営では試行錯誤する時があります。

未知の分野や未体験のことを新規で行う場合には、試行錯誤を覚悟しなければなりません。

新規事業を立ち上げる

新商品をリリースする

新サービスを投入する

新規で事業所を開設する

といったことには上記のようなトライ&ラーンを回していくことです。

求められるのは理系的思考

ここに求められるのが

・理系的思考

です。

仮説を持って試行する→分析する(データで)

→仮説を再構築する→再試行する

という実験を繰り返すことです。

答えが見つからないことが

・楽しい

と感じる思考法です。

答えが見当たらないので

・可能性

を感じる感覚です。

まとめ

見えていないだけで、どこかには答えが存在している、またその答えを導いた後に想像以上のマーケットがあるのを信じているのです。

そうでない人は逆な思考をたどります。

売れないからダメ、売れない理由は商品にある、顧客に理由がある、といったダメだった分析に走ってしまいます。

失敗要因を探す分析ではなく、次の可能性を探る分析へと導くことがここでは求められます。

それが経営の一端なのです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/