fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

軽減税率制度とは

【fjコンサルタンツ365日Blog:3571投稿目】

軽減税率制度とは

2019年10月1日から消費税が10%にアップします。

そろそろ、準備といいますか消費税アップの

啓蒙活動が活発になりつつあります。

今回の消費税アップの中で8%に軽減される

品目があります。

この制度が軽減税率制度です。

『軽減税率制度リーフレット』

動画が最近公開されました。

上記動画でも解説されていますが、飲食料品では

軽減税率制度が適用される範囲が限定的なので

注意が必要です。

たとえば対象(消費税8%)となる飲食料品の範囲は

下記の楕円色付き部分だけになります。↓

軽減税率範囲内

軽減税率の対象外(消費税10%)になるのは、下記の

白抜き部分になります。↓

軽減税率範囲外

飲食料品の中で

対象外(消費税10%)となるのは、具体的に

・酒類

・外食

・ケータリング

等です。

話題になっているのは、

飲食料品のうち

・持ち帰る:8%

ですが、

外食(その場で食べる場合):10%

となることです。

では、コンビニエンスストアの

イートインはどうなるのでしょうか。

コンビニエンスストアの場合

①持ち帰り:8%

②イートインで食べる:10%

となります。

イートインかどうかは顧客に「意思確認」を

することになっています。

実際にそんなことをするのかどうか

現場では混乱があるかと思いますが

レジでは「テイクアウト」します

と言われたらその通りにするしか

ないでしょう。

軽減税率制度

https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/d02.htm

他にもスーパーや飲食店では

・標準税率

・軽減税率

を分けて精算することになるので

レジを刷新する必要も出てきます。

その分、景気がまわるという考えもありますが

現場では戸惑うこともあるのではないでしょうか。

税務申告も最初は慣れない部分も出てきて

工数がかかる会社も出てくると思われます。

消費税については、

https://www.nta.go.jp/publication/webtaxtv/shohi_zei.html

で動画が公開されています。

他にも下記WEBサイトで説明が掲示されています。

残り1年なので今から準備を進めておいて

損はないと思います。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/