経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

テクノロジーがハードルを下げる

【fjconsultants365日Blog:4,035投稿目】経営コンサルタント藤原毅芳執筆

来店不要

そこまで可能になるのか。
住宅ローンの借り入れ手続き。
スマホで住宅ローンをいくらまで借りられるのか
仮審査ができるのは普通になっています。

それが、住宅ローンの契約までスマホで可能に
なったのです。
最初、その記事を見たときに、見直しました。
「本当なの?」
と疑ったのです。

というのも、住宅ローンの申込み(契約)は正式には
「金銭消費貸借契約」
と呼ばれ、契約書類が10枚近くあり、署名捺印を
何度もしなくてはならない契約だからです。

遠隔でどのように契約手続きをしているのか調べてみました。

サービス開始

スマホで住宅ローン契約のサービスをはじめたのは
伊予銀行 https://www.iyobank.co.jp/
です。

サービス名はこちら。
HOME TICKET
https://www.iyobank.co.jp/sp/home/

実際の住宅ローン申し込み、審査は
別アプリで行っています。

最終的な住宅ローンの契約手続きは
・電子契約サービス
を利用。

このシステム構築は
・アクセンチュア https://www.accenture.com/jp-ja
が請け負っています。

ここまで可能ならば

ここまで可能ならば、金融機関のリアル窓口は
不要になります。

コールセンター、チャット対応の部署だけあれば
住宅ローン手続きが可能。

顧客側のメリットは
・来店不要
・契約書の印紙不要
であり、平日の銀行営業時間に仕事を休んで
訪問する必要がありません。

質問をしたければ、チャットで対応してくれ
住宅ローンの申込みは人生に1回しかないことも多く
はじめての世界です。

収入によって借り入れ金額も違うため、申込時には
これでいいのだろうか、借りたい金額が借りられるのだろうか
と不安に感じる状況が迫ってくるのです。

人によって、「どう見られているのか」が心配になる人もいて
繊細な部分です。

これを対面ではなく、スマホを通して相談できるのは
ハードルが下がります。

歩道 街

ハードルを下げる

テクノロジーは
・ハードルを下げる
役目があります。

今までは相談するのに、訪問して、はじめての場所に行き
はじめての担当者に相談する。

しかも、結果がどうなるかわからないので、心配に
なる状況です。
これをスマホを通して、チャットなどで相談するときは
気軽な気持ちになります。

相談、申込みのハードルを下げる役割がテクノロジーに
あるということ。
ココ、大切な部分です。

まとめ

テクノロジーの威力は
・ハードルをゼロにすること
です。

破壊力も大きい。
この事実、受け入れがたい経営者もいるでしょう。
しかし、受け入れるしかありません。

顧客が受け入れた状況は善なのです。