fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

統計データを見ると延長線上にないのを実感

【fjconsultants365日Blog:4,150投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

今年の中小企業白書

新しく公開された中小企業白書を取り上げる
予定でしたが、今年に限っては参考になる
部分が少ないです。
いくつか具体的に取り上げますが、かなり限定的
だと感じます。
それだけ急変しています。

【2020年版:中小企業白書】
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/index.html

コロナの中で価値創造


下記、新型コロナウイルスに関する部分から
抜粋、取り上げます。↓

コロナ対策_中小企業白書2020
(クリック拡大)
https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200424002/20200424002-3.pdf

2020年4月という表記があるので最新では
ありませんが、新型コロナウイルスの状況の中、
価値創造に取り組む企業事例です。

価値創造事例

1週間で高熱検出システム開発
過剰在庫商品をWEBで公開
飲食店向けモバイルオーダーサービス開設
ヴァーチャル会社見学会で代用
他の業界へスタッフを期間限定で派遣

という内容。

すぐに対応して実践した事例が出ています。
内容というよりは、即対応の速さが特徴では
ないでしょうか。

消費税引き上げ(振り返り)

消費税率引上げの中小企業・小規模事業者への影響
(クリック拡大)
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2020/PDF/chusho/03Hakusyo_part1_chap1_web.pdf

↑上記は消費税アップ後の個人消費について。

2014年の消費税アップ時は青色折れ線グラフ
2019年の消費税アップ時はオレンジ色の折れ線グラフ。

今回の消費税引き上げは、駆け込み需要が
なかったことがわかります。
そのため、消費税アップ後の落ち込みも前回より
少ない結果として出ています。

どちらにしても消費税引き上げは、消費を後退させて
いる
のは事実。

すでに遠い過去のことのように感じますが、2020年は
大きな影響を与えているのを忘れるわけにはいきません。

まとめ

今回は新型コロナウイルスが発生してから
過去データとして中小企業白書が公開されています。

公開タイミングとして急変している現在では数年前の
出来事のようにしか見えません。

労働生産性について取り上げられていますが、現在は
生産性については話題にもなりません。

それより目先の売上げと利益。
下がっていく売上を挽回するにはどうするのか。
そんな視点へと変わってしまっています。

人手不足』の話題が『失業率上昇』の話しへと
切り替わる途中だと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/