fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

買ったらもう1個もらえる企画の裏側とは

【fjconsultants365日Blog:4,336投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

すごいな、これ

すごいな、これ」と教えてもらったコンビニのキャンペーン。
ペットボトルコーヒーを買うと、1本無料引換券がプレゼントされる企画。

引換券は、レシートに記載されており別紙クーポンではない。
しかも引き換え期間は、翌週に設定されています。
すぐには引き換えできないようになっています。

このキャンペーン、大盤振る舞いのように感じます。
本当に大盤振る舞いなのでしょうか。
販促企画の構造に焦点を当てて考えてみたいと思います。

販促に利用した

どうして1本無料なのか。
予想すると「在庫が余っているのではないか」と考えてしまいます。
メーカーの状況が状況なだけに苦肉の策として打ち出しているような印象も持ってしまいます。

このような状況の場合、次の打つ手は何になるのでしょうか。
通常だと
・値引き販売
・まとめ買いパック化

が通常のパターン。

今回は、それ以外を選択しています。
買ったらもう一本」企画です。
インパクトは大きく、話題になります。

ただ、冷静になってよく考えてみれば、1本の値段で2本手に入るので半額になっているだけです。

半額で販売する、という企画を変化させて、「1つ買うと1つもらえる」企画にしているのです。

しかも、販売店のコンビニにもメリットがあります。

再来店を促せる

引き換え期間を翌週にすることで顧客の再来店を促すことができるのです。

単なる値引きだと再来店はありません。
半額セールだと、1回来店し、購入したら終わり
それだけです。
半額のインパクトはありますが、記憶には残りません。

もう1本企画は、メーカーだけでなく、販売店にもメリットがある企画だったのです。

まとめ

在庫過多が当たり前の光景になってきました。
値引きではインパクトが出なくなっています。
通常だと3割引から顧客の反応があると言われていますが、今後は反応率が下がるでしょう。

といっても半額にしたら反応が急激に増えるとは思えません。
それほどまでに顧客の反応はゆっくりになっているのです。

そんな中、1個買えばもう1個もらえる、という企画は目立ちます。
以前にも、ビジネススーツを買えば2着目千円、といった企画がありましたが、それと構造が似ています。

5割引、半額といった打ち出し方だけでなく、こうした「買ったらもう1個」という企画もこれからは検討すべきでしょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/