fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

バブルじゃない、○○だよ

【fjconsultants365日Blog:4,342投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

バブルじゃないよ

米国株価が最高値を更新しています。
日本の株価も連動して約30年ぶりの平均株価最高値が出ています。
これは、バブルなのでしょうか。
本当はどうなのでしょうか。

一説には、米国株価はバブルではない、と解釈されています。
まだ株価上昇が続くのではないか、と予想されています。

コロナ禍の金融緩和が要因だからです。
大統領選挙も終わり先が見えてきた安心感もあるようです。

実際は、どうなのか

総論としてはバブルではない、というのはわかりますが部分的にはどうなのでしょうか。
あるメディアでは、
「バブルではない。しかし、一部では火災が発生している
と報じています。

火災だ!
と言っているのです。

この表現、日本のメディアでは見当たりません。
海外のメディアならではの表現ではないでしょうか。

心配するのが

確かに、過去と比較すれば最高値が出ている時は、心配する意見も出てくるものです。
年末は、ピークになることも過去に経験しているので年明けには結果が出ているのではないでしょうか。

根拠のない数値は、やはり架空の数値だったとわかる時があるかもしれません。
根拠と業績は連動していると実感する時が来るでしょう。

まとめ

バブルではないけど、一部では火災だ、という表現には正確性があります。
正しいと感じるのです。
実態と乖離した株価だと感じるのです。

株価は半年先をあらわしているという論調もありますが、それだけではありません。
株価は実際の経営と離れて動いていることもあるのです。

世界中の余剰が株価に反映されているだけかもしれないのです。
このような余剰金融は経験したことがない世界です。
誰もが知らない世界へ突入しているのです。

歯車が一歩でも狂えば、世界中すべてが狂ってしまう世界です。
そんな混沌とした状態で年末年始を迎えることになりそうです。
今年の年末年始は正念場を迎えます。
それだけは確実なのではないでしょうか。
大幅な上下が目の前にあらわれてくるでしょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/