fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

役割が変わり斬新な店舗が出てくる時期へ

【fjconsultants365日Blog:4,364投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

役割

店舗の役割を最近考え直しています。
店舗で販売する目的が消滅していくからです。
店舗で商品を眺めながら購入する。
この行為は、ある年代からいきなりなくなるでしょう。
それは、まだ先ですがXデーは設定されたようなものです。

店舗で購入する、という目的以外に店舗が必要な役割とはなんでしょうか。
考えてみたいと思います。

アフター

先日、Apple Storeでイヤホンの修理に行きました。
https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

この商品、発売と同時に購入したのでおそらく初期ロット。
そのためか数ヶ月前から不調。
片方が『ノイズキャンセリング』時に雑音が入り続けるのです。

回復の見込みがないので修理に行くことに。
Apple Storeでは、予約してから店舗に行くとスムーズ。
いきなり行ったら待たされます。
今回も予約をしてから入店、時間通りに修理依頼が完了しました。

ちなみに今の商品は修理するという概念はあまりなく、『即交換』で対応しています。
今回も片方を交換、と言おう形に落ち着きました。

これも在宅で郵送すれば対応してもらえますが、そこまでの手間をかけたくない。
郵送して、状況をメールしたり、電話で説明したり
その手間を考えてしまったのです。

店舗に立ち寄ることができるなら、そちらの方が手間が少なくて済む。そう判断したのです。

対面で

アフターサービス以外に残るのは『対面で相談したい』という要望に応える店舗。

保険が店舗相談型に移行し、定着してきました。
ということは、他の業界でも『相談店舗』という形態は実験する価値があると感じています。

メールや電話で相談したいことと、メールや電話で相談するのに手間がかかると感じる内容の2つに別れると感じます。

自分たちのビジネスがどちらの内容に入るのかによって店舗を設置するか判断ができるでしょう。

1坪店舗

羽田空港に『1坪ほどの靴販売店舗』ができたと報道されていました。
https://techable.jp/archives/144904

販売だけなら、究極は1坪で足りるということ。
店舗なしも選択肢ですが、リアル店舗のメリットもまだ捨てきれない時期。
だからこそ、1坪で出店するという手法も検討する価値はありそうです。

まとめ

店舗の役割が変わりつつあります。
今年は、その変化幅が大きい。
なので、今後は斬新な店舗が数多く登場しそうです。
楽しみな分野です。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/