fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

徐々に企業にも多様性が求められていく

fjconsultants Blog:4,518投稿目 fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

放送も変わる

車内放送が変わります。
東海道新幹線の英語車内放送の冒頭は
「ladies and gentlemen」でした。
これが
「all passengers」
に変更です。

新幹線 ジェンダーレス放送:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72021630Y1A510C2TB1000/

こうした流れは海外では3年以上前から見られます。

ニューヨークの地下鉄とバスで「ladies and gentlemen(紳士・淑女の皆様)」というアナウンスを止め、「passengers (乗客の方々)」「everyone(皆様)」という呼びかけに変えるという。(2017年11月)

https://ideasforgood.jp/2017/11/22/ladies-and-gentlemen/

日本での動きは、東海道新幹線だけではありません。
東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの場内アナウンスも同様に変わります。
「hello everyone」に変更です。

日本航空JALも「ladies and gentlemen」を廃止。
こうした動きが広がっています。

表現力が問われます

企業の情報発信内容についても配慮があるかを問われます。
学校関係でも「父兄」は使わなくなり「父母」になったかと思えば現在では「ご家族」という表現になっています。

身体の名称を使った表現も現在では使わなくなりました。
パソコンなどの入力方法もキーボードを見ないで入力するのを「ブラインドタッチ」と呼んでいました。
現在では、「タッチタイピン」と表現しています。
ブラインド(盲目)という表現が身体的な差別用語と捉える人もいるからです。

化粧品も「ホワイトニング」「美白」という表現を切り替える企業も出てきました。
「ブライトニング」という表記に順次切り替えていくそうです。(花王)

花王、「美白」表現を撤廃 人種の多様性議論に配慮

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ25DD30V20C21A3000000/

まとめ

神経質な人が増えたと感じる人もいるでしょう。
しかし、これが当たり前の感覚に今後はなっていきます。
Z世代と呼ばれる1990年後半〜2012年ごろに生まれは、多様性を認める感覚が普通です。
5年後、10年後のビジネスが変わります。
企業の人財採用も人財教育も変わるでしょう。
多様性のない企業は人気が徐々になくなっていくと想像しています。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/