fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

2年弱を振り返ると見えてくる行動パターン

fjconsultants Blog:4,686投稿目 fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

振り返るとわかる

人の心理は大多数は同じような動きをします。
ちょうど今の時期に2020年からの振り返りをすると気がつくことがあります。
自分の行動を振り返るだけでわかります。
自分のまわりの方の行動パターンを思い出すだけでも理解できるのです。

たとえば、家の滞在時間が増えてからそのままなのか。
仕事なら顧客のところに訪問する時間や回数の推移はどのような動きをしているのか。
出張の回数をグラフ化するとどのようなグラフができあがるのか。
そんな振り返りです。

下記資料を提示して講演してきました。
振り返りをしてもらい、その内容を聞いてみるとわかったことがあります。
それは、6ヶ月後、1年後、1年半後がポイントになっていることです。

行動を振り返ったとき、いつからストップし、いつから再スタートしているのか。
行動の時間軸を振り返ることで見えてきませんか。

fjconsultants資料202111
『心理・行動が変化した時期の振り返り』fjconsultants 藤原毅芳 作成

大多数は同じ動き

マーケティングの世界で言われることのひとつに人の行動は世界中同じ。
ある広告に対する反応は同じ行動をすると言われています。

顧客の行動パターンを上記の図を用いて振り返るのも有効な手段でしょう。
ある一定の法則が導き出されると思います。

ある業界では7月から一気に変わりました。
急発進したのです。
業界にいる人も予定していなかった動き。
しかし、一斉に動くのです。

県内なら

現在は県内の旅行をする人が増えています。
半額になるキャンペーンを行っているエリアで、週末の宿泊は予約できないほどだと聞いています。
平日はまだ回復していないようですが、週末だけでも予約で埋まる状況になっているのです。
半額なら家族全員で出かけようかと模索する行動は、これも一斉に動いている印象です。

今後の予測

振り返ってみるとわかることがあり、そこから今度は予測が可能。
一斉に動く次のタイミングはいつになるのか。
予測では、夏になります。
そのときには、平常運転で世の中がまわっていると予測できるのです。

まとめ

すぐには戻りません。
何度説明したことか。
期待値が高いから、すぐに戻ることを考えてしまいます。
「見たい現実しか見ない」と言われていますが、「見たい未来しか予想できない」となっているのでしょう。
期待値を排除して予想する冷静さがここでは求められていると感じます。
現実を見抜く力とも言えるでしょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/