経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

1人から2人になるときが最大化

1人で仕事をする量に限界を感じたときに

自分がもう1人ほしいと感じます。

最初の1人が2人になったときに大きな前進を

体感します。

なぜなら、下記を比較してください。

1人→2人 になると2倍。

2人→3人 になると1.5倍

3人→4人 になると1.3倍

4人→5人 になると1.25倍

人数が増えたときに感じる倍率を比較。

増加前と増加後の増え方が一番大きいのが

1人から2人になるとき。

効率が最大化するときなのです。