経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

大胆な仮説の時代

「先が読めない」、「今までのことが通用しない」

と言われています。

過去を眺め、分析しても、あくまでも過去。

大きく時代が動く現在では過去からの流れと

別の領域を予測することも必要になっています。

「大胆な」仮説を立てる。

思い切って取り組むことの決断が迫られています。

大胆な仮説の裏には、「不安」、「リスク」が存在

しています。

クライアントの経営幹部の方が

「何と言っていいのだろうか、漠然とした不安が

出てきてしまう」

と言っていましたが、その不安とリスクをすべて

背負ったところで決断していくしかない時代です。

ただ、逆もしかりで、不安やリスクを取る人の方が

少ないということです。

誰もやりたがらないことは、競争も少なくなるのです。