経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

経営者が文章力を磨く方法(時間編)

文章を書く時間をどのように配分するのかが

カギになります。

1)平日は、細切れの時間を使って書く

2)休日に4~5時間連続の時間を割く

平日の細切れ時間で、文章を書き散らして

いきます。

思いついたままに書く、

目の前で起こったことを書く、

気になってことを書く、

のです。

休日は、構築作業を行う。

書き散らした文章を並べ替えしたり、

大きな文章の流れを考えたり、

ゆくゆくは、書籍になるようなテーマを

考えたりするのです。

文章が磨かれる過程は、この休日の時に

培われるものです。

文章の上手い下手は、文章の構築力の差です。

日本人は、言葉の成り立ちから言って

構築力が弱いとも言われています。

だからこそ、まずは、まとまった時間配分からです。