fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

温故知新とナガオカケンメイ

クレヨン

温故知新】とは、

昔の物事を研究し吟味して、

そこから新しい知識や見解を得ること。

(広辞苑)

ナガオカケンメイ】とは、

デザイナー。

1960年代の商品に再び焦点を当てた

60VISIONを展開。

 

この2つのキーワードを考えてみます。

ときどきですが、

ナガオカケンメイを圧倒的に支持する

人に出会うことがあります。

女性が多いです。

ナガオカケンメイの取り組みは、

メーカーが生産を止めてしまった60年代の

グッドデザイン商品をメーカーにかけあって

再生産させてしまう程のパワーです。

「モノ」の価値を再発見している、と

言われています。

再発見し、再定義する。

60年代を知らない世代にとっては

すべてが新しい商品。

それが、自分の価値観に合うか合わないかだけ。

それを、新しい世代(顧客)に教育をし、

事業に育て上げたのです。

去年からのウイスキーブーム。

ハイボールを元にウイスキーを再発見

させています。

これも同じ流れ。20代は、はじめて

ウイスキーに触れたのです。

自社商品も古いからとあきらめず

新しい定義で再発見させられることを

忘れないでください。

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)