fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

滑走路なしでも飛行機は飛ぶ

工夫改善の知恵は尽きないと
あらためて感じたニュースです。

飛行機は通常、滑走路が必要です。
滑走路を短くするには、エンジンの
馬力を上げるしかありません。
20110508-102857.jpg

それを、非力なエンジン飛行機で
滑走路なしで離陸できるように
してしまった話しです。
210馬力の飛行機です。
滑走路をどれだけ使わないか、
という競技会があるみたいですね。
STOL(short take-off and landing)と
呼ばれているジャンルです。

まずは、動画をご覧ください。↓
http://www.youtube.com/

軍用飛行機の中には、同じことが
可能な機体もあります。
しかし、補助的なジェットエンジンを
機体にいくつもつけています。

それを限られた動力で実現して
しまう発想は刺激になります。

この映像を見ながら連想をして
しまいました。

20110508-103001.jpg
離陸はビジネスや会社の立ち上げ
と同じだと思っています。

短ければ短いほど良い。
時間も短く、費用もかからない。

離陸から高度を上げていけば
やがて安定した軌道に乗ることが
できます。

20110508-103036.jpg
それは、資本がある程度ないと
できない。
人がそろっていないと不可能
だと考えてしまいます。

しかし、この動画を見ながら、
そうではないな、と感じました。
非力だと思われている動力源
でさえも工夫改善をすれば
垂直的な立ち上がりが可能に
なることを。

思考の枠を広げてくれる動画です。

【出典】

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/