経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

技術と知識を共有するときのコツ

技術・知識の共有なんてできるのか?
暗黙知を形式知に、なんて簡単にできるのか?
体験の共有なんてほんとに追体験できるのか?

という疑問が現場では出てきます。

ベテランが体験を話す。
これは重要なことです。

しかし、話しを聞いただけで自分の
行動を変えられる人は1割以下しかいません。

ては、その先どうするのか?

ここに仲介役が必要です。
触媒、翻訳者とも言いますでしょうか。

成功体験の話しをまとめ、落とし込む
人のことを指しています。

成功体験には、

1)判断ポイント
2)行動のコツ

の2つがあります。

このポイントを理解すること、
コツを使えるようになることによって
ようやく実践できる内容になります。

成功体験から、仲介役は探り当てる
作業をヒアリングしながら見つけるのです。

成功体験を話している本人が
気がつかないことも敏感に察知
しなければなりません。

「ちょっと、待ってください。
そのとき、判断してますよね。
何を察知したのですか?」

と掘り出していく導き。
深さが求められるのです。