fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

1人でもやり切るリーダーが経営層にのぼる

 

リーダーには2種類あります。

経営層に属しているリーダーと

社員層にとどまっているリーダーの2種類。

 

どこで境界線が引かれているのか

 

ひとつは【プロ】という言葉で表現されることが

多いです。

 

【プロフェッショナル】の定義は

どんな状況でも、ある一定以上の結果を出す

ということ。

 

経営においては、わかりやすく

【利益が出るか、出ないか】

の結果のみ。

 

では、常に結果を出せるリーダーはどんな人なのか

それは、

【結果が出るまで止まらない人】

のことです。

 

リーダーは、ここに境界線が存在しているのです。

【上司の眼】と【結果】

のどちらを重視しているのかが、ちがうのです。

 

【上司の眼】>【結果】タイプ

のリーダーの口グセは、

「これ以上、仕事できません」

「死にそうです」

「忙しいです」

「ちゃんとやっているじゃないですか」

と言って自分の大変さだけをアピールし、

仕事の量や質を自分で判断します。

ここまでやれば、評価に値するだろうと、

決めてしまい、ある一定のラインで仕事を

セーブするようになります。

 

【上司の眼】<【結果】タイプ

のリーダーの特徴は、

【だれも見ていなくても実行している】

ことです。

 

【結果が出るまで止まらない】状態になると

【だれも見ていなくても実行する】のです。

 

【1人でもやり切る】こと、

そして、

いかなる時でも結果を出し続けること、

これが、

【経営層に属しているリーダー】

ということなのです。

 

この境界線を理解できるリーダーを

何人育てるかが、経営者の手腕です。


 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/