経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

瞬発力より持久力の時代へ

つくづく瞬発力だけでは、ビジネスの成果が

出ない時代になったと実感しています。

今回は集客について、【瞬発力】と【持久力】で

考えてみます。

【瞬発力】とは、

キャッチコピーを軸に広告宣伝で一気に集客、販売すること。

【持久力】とは、

文章や口コミ、人脈を使って理解の浸透とともに集客が広がること。

この瞬発力と持久力の割合が、

【瞬発力】8:【持久力】2

程度でビジネスをまわしていた方にとっては、今の時代は、

前のようには、うまくいかないか、

コストアップしているのではないでしょうか。

 

購買側に【動機】が明確になっていなければ、

1ミリも動かない時代なので、今までの

成功体験は、なかなか通用しないわけです。

集客の入り口を逆方向にもうひとつ追加する

必要が出てきたのです。

【上昇】より【安定】
【量】より【質】
【不確定】より【確実】

という逆方向に入り口を広げておくのです。

そのためにも、

【瞬発力】3:【持久力】7

の割合で配分を変えることが優先です。

「バーチャル」から「リアル」へ

方向転換することです。

顧客との距離を狭め、関係を深くし、

どれだけ【コミュニティ】をつくることが

できるのか、にかかっています。

「顔をあわせること」

の意味が大きくなっているということ。

早くそこに気がついて、方向修正に手をつけはじめることです。
集客の再構築の時期として、今が変化のスタートを

切るタイミングだと感じています。