スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジfrom2011

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジfrom2011

「経営の優先順位」の記事一覧

startup

初期段階における戦略的フォーカスと優先順位

事業スタート時は本来の戦略に集中し、損益分岐点を超えるまで1つの路線に資源を投入すべき。他の選択肢に目移りすると目標達成が必ず遅れる。分岐点を超えてから新展開を考え、提携などのタイミングを戦略的に判断する。ここでは経営者に目の前の機会と長期戦略を見極める洞察力が求めらてしますのだ。
Communication

最終的に価値がある領域はココと言われるようになってきた

AIが普及していくと数年後には、人間らしい能力の重要性が高まるはず。文系的、デザイン的能力や人間関係力が求められる。そんな論調が増えているのを感じます。AIを知るほどそうなっていくでしょう。ただ、すぐではありません。最初は、AIを・・・
merchandise_store

本質を突いた不変の教訓に見える

ウォルマートの創業者サム・ウォルトン氏は、小売業の成功法則として、「店舗を回ること」「物流センターを作ること」「コンピュータ投資」の3つを挙げている。現場重視とシステム投資のバランスが不可欠。アナログとデジタルのバランス。これらの教訓は現代においても色褪せない。
セミナー講師

差別化のカギは自社セミナー開催から

自社セミナーの開催は、顧客との特別な関係性を築き、差別化を図るための有効な手段。集客チャンネルの拡大や信頼関係の構築などのメリットもあります。自社講師の育成に力を入れ、質の高いセミナーを提供し続けることが重要です。
shift

組織はピークになれば衰退が見えてきてしまうのか

業績好調時は組織内で個人の意図や野心が表面化し、全体最適よりも部分最適が優先されがちだ。コンフォートゾーンに陥り現状維持に甘んじると、優位性を失い衰退につながる危険性がある。リーダーの意識と行動が、組織の成長と衰退を分ける鍵となる。
yields

金利2%台のシミュレーションをする時期が来た

金利2%台になることを想定したコスト計算を一度しておきたい時期がやってきました。どれだけコストアップするのか、影響がどこまであるのか、今から試算しておけば慌てることもないでしょう。また、コストアップに対応する施策も今から考えておくことだと思います