経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

なぜか会議は継続事項ばかり

会議の議事録をつくることは大事なことです。

会議参加者以外にも

【伝達できる】

わけですし、他にも

【基準ができる】

【記録が残る】

という効能があるのです。

議事録がない企業は成長しない、とも言い切れる

かもしれません。

ただ、議事録の内容を拝見していて、思うことが

あります。

それは、会社によっては

【継続事項(継続審議)が多すぎる】

ということ。

会議で大事な部分が決まっていないのです。

通常の場合、

1)【議題】→課題詳細

2)【改善内容など】→課題への解決方法

3)【結果】→取り決め、決定事項

という流れで組織内にルールができたり、

改善がされていくわけです。

しかし、いま一歩の場合ですと

3)【結果】

の部分で止まっているのです。

「この内容は、まだ検討する余地があるので

次回に持ち越します」

「これは、難しいから、はっきりするまで継続に

しておきます」

といった会話が交わされています。

このような現象は

【リーダーの責任回避】

【組織内の権限委譲不足】

が原因となっています。

どちらにしても、組織硬直化の前兆となる

現象です。

解決への優先は、

【あいまいな部分を残しつつも決定すること】

【現場のリーダーに決断させること】

にあります。

習慣を変え、会議から現場への改善スピードを

高めることが求められます。