fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

時間が経つほどルーズさは大きくなる

 

最近、似たような事例が重なったので

まとめておきます。

 

相手(顧客)に対して、ルーズさを許可すると

そのルーズさは時間とともにエスカレートして

しまう、という事実についてです。

 

 

たとえば、

営業さんが顧客のためにと思って

【値引き】

を安易にしたとします。

すると、次も【値引きできる】と顧客は

思い込むわけです。

その【値引き幅】は時間とともにエスカレート

大きくなってしまうのです。

 

支払いについても同様。

いったん支払い(入金)が遅れることを

認めてしまうと、これも時間とともに

どんどん支払いは遅れるか、金額が

増えてしまうのです。

 

また、顧客に対して、【サービス】部分

増やしてしまうと、最初は「ありがとう」と

感謝されますが、そのうち、そのサービス部分が

当たり前になってしまう。

顧客から、【今回はないの?】と当初サービスだった

ものを催促され当たり前のものになってしまったり。

 

景気後退時期には、このようなことが

起こりやすいので、基準をつくって

【これ以上は、できません】

と言えるようにしておくことが大事です。

歯止めをかけておかなければ、社内にも

ルーズさは蔓延してしまいますから。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
【ご質問は、こちらから↓】

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/