fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

思考の道具を知っていますか?

 

『頭の中を整理できていますか?』

とリーダーの方に質問。

「実は、忙しくて・・・」

「眼の前が問題ばかりで・・・」

という返答。

 

そう、余裕がないので、思考が

「ひとつ」のこと

に集中してしまうのです。

目の前の【急ぎ】に追われて

しまう。

 

では、どうすれば思考が進むのか?

 

こんな時は、思考の道具を提示します。

思考の道具とは、

「判断できる目盛り」

を指しています。

 

この目盛りをいくつか持っていれば

思考が進むわけです。

 

【思考の道具】から【思考の習慣】が

つくられるわけですね。

 

とりあえず、最初は2つの軸で考える。

定番は、

【緊急度】と【重要度】

の2軸で整理するわけです。

 

他にも

【コスト】

【リスク】

【期間】

【人材】

【人数】

【投資】

【競争力】

【差別化】

などを組み合わせていくのです。

 

思考は、きっかけがあれば広がりを

持つことができます。

 

そのきっかけをつくってあげることも

経営のひとつです。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/