fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ブランディングとは?

 

先日、研修をしました。

ブランディングについて。

 

ブランディングの内容を覚えることも

重要だと思ったのですが、まずは、

顧客視線で分析することから取り組みました。

 

顧客は、自分の感覚や解釈や理解で

ブランドを感じています。

 

自分にとって便利、利益のあることを

順番付け

しているのです。

 

自分が選んでいるものを例にとってワーク。

そう、

買い物に行くにしても、

誰に言われたわけでもなく

自分の中で好きな順番があるのです。

 

では、これはどうやって形成されたのでしょうか。

そこがポイント。

 

この形成プロセスが理解できれば、ブランド構築の

順番もわかるのです。

 

書籍を読んで実行するのもいいですが、やはり

ここは、自分の感覚や経験から理解し、その

プロセスを自社のビジネスに落とし込んでいきましょう。

 

ルイヴィトンも日本では最初「セール品」で

値引き販売されていました。

それを一切止めて、歴史、安心、信用を

アピールする「メッセージ広告」から

はじめたのです。

 

なぜ、そんなことをしたのか、背景がわかれば

いいわけですね。

安売り、値引き商品だったものを価値ある

商品に変えるには、顧客に何を理解して

もらう必要があるのか。

 

そこがポイントなのです。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。