fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

特に進まない時はムダを省く

様々な手を打って経営を進めるときに

思うように進まない時が出てきます。

 

先日もこんなことがありました。

「計画を立て、todoリストもつくり

スケジュール表まで落としこみを

していたのに。

まったく進んでないのです。」

 

準備は完璧。

しかし、現実は動こうともしない。

こんなことは、経営の現場でよく起こります。

 

そんなときに、

対処療法を行うことは、もぐら叩きに

なりかねません。

更に計画をがんじがらめに固めて

しまったり、さらにチェックを増やして

しまうことです。

 

ここは、バランスを取る必要があるので

細かさの追求と同時並行で

【ムダを取り除いていく】

ことなのです。

 

ムダを省くことは、チェック体制が甘くなる

という恐れを感じますがそんなことはありません。

チェックするということは、

ポイントをついてチェックする

ことがもっとも大切なこと。

 

だからこそ、チェックの中に、あまり意味がなかった

ものを思い切って省いていくことです。

 

新しい仕組みやチェックを取り入れるときに

【ムダを取り除いてあげること】

も大事なことなのですね。

 

特に行き詰まり感が出てきた時ほど

このムダ取りを優先事項として実行

してみてください。

 

行き詰まりの時ほど、会議、ミーティングの内容で

ムダまでも取り除くことをおすすめします。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。