経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

こんな時代だからこそ、これがいいと断言する

 経営者がビジネスをつくっていくとき、

クリエイターと同じ領域に入ることがあります。

それは、自分で考えたこと、創造したことを

「これが最もいいビジネスの形だ」

と断言しなければならないからです。

賛否両論、世間から、まわりからは言われるものです。

そんな中でも、このビジネスが最もベストだ、

と言い切らなければなりません。

クリエイターの領域と同じ、というのは、この

言い切る部分です。

何が正しく、何が正解かわからないところで

これがいい、と言えなければならないのです。

しかも、現在は何もしなくても情報が目に入って

きてしまいます。

その時に、心が揺らいでしまいやすい。

情報が多いせいで、ひとつに決めにくいのです。

だからこそ、絞りきった部分で、決定していく

ことが求められるのです。

言い換えれば、これが経営者の強さかもしれません。