経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

顧客重視から価格路線へ行ったヤマダ電機の歴史

 

あるきっかけでヤマダ電機を調べています。

安売り、サービス低レベルに至った経緯が
 
知りたかったので。
 
はじめは、夫婦経営の電気店からスタート。
 
テレビ調整無料で訪問を重ね、顧客名簿を
 
作り上げていった努力人。
 
顧客志向で五店舗程度まで拡大したようです。
 
しかし、競合店の進出により一店舗まで縮小。
 
その時、四店舗分の在庫が集中してしまい
 
困ってしまった。
 
これを二割引で販売。バカ売れ。
 
価格の重要性に気付いた瞬間ですね。
 
一番外せないポイントが、価格であるならば

それを全面に打ち出すことに路線変更した

わけです。
 
人の行動には、きっかけがあり、そこには
 
エピソードがあります。
 
その根拠を知ることで次が予想できます。
 
ヤマダ電機は、いつAmazonに対抗策を
 
打ってくるのでしょうか?