fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

交渉のメカニズムを知ることも営業には必要

 

営業さんの中には

「お客様のところで賛成派、反対派に分かれて

しまって、どうすることもできません」

と言われる人がいました。

確かに、言っていることはそうですが、

営業という仕事をしているならば、

その状況まで予測して対処しておくべきでした。

企業という組織は規模が大きくなればなるほど

派閥が形成されます。

また、企業の決定要因が会社の戦略によらず

組織の論理で決定されてしまうこともしばしばです。

派閥の論理とも言えるかもしれませんね。

視点が社内に向いてしまっている状態なのです。

だからこそ、なにか商品サービスを採用いただくには、

大まかに組織の論理を教えてもらうべきでしょう。

そこを踏まえて営業プロセスを構築できれば

大企業にも採用されることができるようになるのです。 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。