fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経済センサスと経営指標を用いた産業間比較

パソコン

 

全産業分野の経理項目を同一時点で網羅的に把握する

全数調査として初めて実施された統計調査。

産業分類別の売上(収入)金額、費用総額、給与総額、

付加価値額などが分かります。

おおよそ、どの業界が利益率が高いのか、

付加価値額が高いのかがわかります。

たとえば

売上高営業利益率が高いのは、

「学術研究,専門・技術サービス業」

「不動産業」

「飲食サービス業」

の順番になります。

従業者1人当たり付加価値額(労働生産性)では、

「情報通信業」

「学術研究,専門・技術サービス業」

「卸売業」

の順で高くなっています。

従業者1人当たり売上高では、

「卸売業」

物品賃貸業」

「娯楽業」 

の順になっています。

想像できる結果と、そうでない場合があるので

統計はひとつの客観的な視点として確認して

おきたい部分です。