fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

33年連続減少のこどもの数

総務省の統計データ。

15歳未満の子どもの数は

去年より16万人少ない1633万人。

(男子836万人、女子797万人)

33年連続で減少し、過去最低を記録。

増えたのは、東京都と沖縄県だけ。

最も減ったのが大阪府でマイナス1.4万人。

こどもの割合、全国平均は12.9%。

8人に1人がこども、という割合。

昭和25年の時は、こどもの割合が35.4%。

3人に1人はこどもだったわけです。

こどもを見かけない、と感じるのもデータが

裏付けていますね。

 

こどもの数

 

【出典】総務省 我が国のこどもの数

クリックしてtopics82.pdfにアクセス

 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)