fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

不足の経験を隠す経営計画書

経営者の方が作成した経営計画書や

リーダーの方が作成した実践計画書には

作成者の特徴があらわれます。

たとえば、

実行力のある方が作成されると

「すべてを自分が実行したら」

という形で作成されているので

計画にムリがあったりもします。

他にも、

実績をあげたことのない方が作成されると

「実行計画ではなく、組織編成いじり」

の計画書になり、具体性に欠けるのです。

やたらプロジェクトチームをつくりたがるのも

その傾向のひとつです。

わかったのは、作成される方の経験において

不足している部分を隠すように計画書を

つくっている、ということ。

そのため、アンバランスな内容になるわけです。

誰にも、不足している経験というのは、あるもの

なので、そこは、会社全体のことを優先し、

自分のことは後において作るべきだと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/