fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

規制ありきではなくイノベーションありきで

Innovation without permission 」

という言い方があります。

規制することより、イノベーションを優先せよ、

という意味。

新しいビジネスが出てきた時の環境が

・規制ありき

なのか

・新しいビジネス

ありきなのか、によってその後の発展が大きく

違うことを指しています。

新しいビジネスは、既存ビジネスの脅威なので

既存ビジネスを守るための【規制】がかかります。

そのため、顧客に支持されるビジネスもこの規制に

よって成長を拒まれることがあるのです。

日本には、それが多いと言われています。

米国はどちらかといえば、イノベーション優先。

そのため、比較されやすい事項ですね。

社内においても同じことだと書きながら感じました。

社内の新しい取り組み(イノベーション)は、とかく

ベテラン社員の【規制】によって拒まれる、ということです。

「前例がないから」

「意味がないから」

「儲からないから」

といった規制を初期段階でかけてしまうのです。

意識的に取り払う必要がありますね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/