fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

日本の家計貯蓄率は下がり続けている

money

統計データの中に『家計貯蓄率』というのがあります。

これは、年々右肩下がりを続けており、2014年には

値が『マイナス』になってしまいました。

日本は個人資産保有高が大きいと言われているので

貯蓄率の高い、と思われているのではないでしょうか?

先進国と呼ばれる諸外国と比較すると、日本は

『家計貯蓄率:最下位』

なのです。

収入が減った、通信料などの支出が増えたなどの

要因はあると思いますが、そもそも貯蓄率が高いと

思い込んでいることが気になりますね。