fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

努力している人ほど見せないもの

仕事の結果を出している人ほど

仕事量

が多い。

そんな人を何人も見てきました。

しかし、本人は、それほど忙しく見えない。

なぜか?

仕事の量という枠を自分で設定していないので

どこからが忙しいか決めていない。

忙しいことより、こなすことのように意識が

向いている。

努力する姿を見せることをカッコ悪いと

思っている。

といった状況だと思います。

それに比べ、忙しい、と言っている人ほど

それほどでもない、ということですね。