経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

採用プロセスを社内に持つこと

採用が重要なのは当たり前ですが

採用面接した方が「採用の失敗」を認めることが

意外に少ないと感じています。

面接では完璧にわかることはありませんが

面接の精度を上げることはどん欲に追求すべきです。

もともとの知り合いを採用する時は、慎重に進めるよう

会社内に面接プロセスを組むことが必須です。

大企業では、独断採用は許されます。

それは、組織人数が多いため許されること。

しかし、大企業以外は、1人が致命的になることも

あるので、公平な採用が逆に求められるのです。