fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

営業として時間を有効に使うとは?

営業という仕事は『時間を有効的に使う』ことで

業績が変わります。

どういうことか?

エンドユーザーをお客様とするB to Cの場合は

お客様数が増えると売上が増加します。

そのため、時間の使い方は、

『1人のお客様に使う時間』

に着目することになります。

法人をお客様とするB to Bの場合は、

お客様数が売上増加につながらないことが

あるので注意が必要です。

お客様の規模が千差万別なので売上はお客様の

規模(ポテンシャル)によって差が出ます。

ここの着目しない営業さんがいます。

数多く訪問していても、いつになっても営業成績が

目標を越えない、という現象が続きます。

この場合、お客様の規模(ポテンシャル)ごとに

訪問やフォローに時間を投入すべき。

そこがわかると一気に一人前の営業に成長するのです。

シンプルですね。

[amazon_link asins=’4798053619′ template=’ProductCarousel’ store=’fujiwaratakey-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e77a60c3-fba6-11e8-8046-8b5aa8484a9b’]

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。