経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

営業として時間を有効に使うとは?

営業という仕事は『時間を有効的に使う』ことで

業績が変わります。

どういうことか?

エンドユーザーをお客様とするB to Cの場合は

お客様数が増えると売上が増加します。

そのため、時間の使い方は、

『1人のお客様に使う時間』

に着目することになります。

法人をお客様とするB to Bの場合は、

お客様数が売上増加につながらないことが

あるので注意が必要です。

お客様の規模が千差万別なので売上はお客様の

規模(ポテンシャル)によって差が出ます。

ここの着目しない営業さんがいます。

数多く訪問していても、いつになっても営業成績が

目標を越えない、という現象が続きます。

この場合、お客様の規模(ポテンシャル)ごとに

訪問やフォローに時間を投入すべき。

そこがわかると一気に一人前の営業に成長するのです。

シンプルですね。